年少児:絵本のたのしみ!いろいろ!

一冊の絵本をじっくり読んで想像の世界を広げています。

年少児(ひよこ組)=さわる絵本『どこ  どこ  み~つけた』 え/中谷靖彦

P1040947

ぶたさんのおはなつんつん。うさぎさんのおみみでなで。パンダさんのおててぱんぱん。さるさんのおなかをさがすのですが、あれあれおしりをさわってしまいます。「ちがうよ!おなかは ここだよ!」「ぽんぽんぽん」と、他のどうぶつたちがおしえてくれました。最後は、「からだ こちょこちょ!」「からだ たのしいね!」触る絵本で子どもたちは、どうぶつたちと、すっかり仲よしになりました。

「ぶたくん・うさぎさん・パンダさん・さるくんのからだかおは、みんな ちがんだね?」それぞれのからだの特徴を具体的に知る切っ掛けになりました。

そこで、思考回路を変える点線あそびに展開です。『ぶた・うさぎ・パンダ・さるのからだかお、しっぽ』を前もって描いておいた点線の動物画を見て「どんな動物にみえるかな?」動物のイメージを膨らませてから子どもたちはクレパスで点を一本の線でつなぎあわせて、動物を浮き出させました。子どもたちの集中力は高まり!真剣そのものです!

DSC_4180

CIMG3153

CIMG3155

それぞれの動物の特徴を認識して、最後は好きな色(クレパス)で描いた動物に自分の気持ちを込めて色塗りをすると「みて!みて!」とみんな、充実した活動を実感しました。

CIMG3158

 

このページのトップに戻る