第69回運動会

10月9日(土):コロナ禍の中ですが、保護者の皆様には新型コロナウイルス感染拡大予防のご協力を頂き、第69回陸上運動会を多摩川緑地上平間第一グランドで、ひよこ組(年少児)・はと組(年中児)・つばめ組(年長児)別々で行う3部制で保護者のみの観覧という制限での開催となりました。

各部が短時間の開催でしたが、保護者の皆様は、和やかに気持ちを一つにして互いに譲り合いお子様の成長をご覧いただきました。

「みんなで子ども一人ひとりの成長を喜び合いました。」

午前:1の部 はと組

“かけっこ”:「いちについて、よ~いドン」で腕を前後に動かしゴールテープに向かって一目散です。

プログラム:給水タイム

トラック内でお家の方と触れ合う給水で“元気の力”がつきました。「かけっこ、がんばって走ったね。」「つぎは、”ゆうぎだね!」と、お家の方は観覧席へ戻られました。

遊戯:ふれふれ小旗

子どもたちが振る桃色・水色・黄色・緑色の小旗が多摩川の風に良くそよぎました。

曲の途中で2つの大きな円形から4列の直線隊形に変わりました。

午前:2の部 ひよこ組

“かけっこ”:「いちについて、よ~いドン」でゴールテープに向かって一生懸命に走りました。

プログラム:給水タイム

お家の方から水筒をいただき、みんなが美味しそうに飲んでいます。

給水タイムは、子どもたちがホッとする時間になりました。

「つぎは、ゆうぎだよ!」と、“気つけ薬”ともなった給水タイムも終わりお家の方は、観覧席に戻られました。

ゆうぎ:なんじゃもんじゃマーチ

ひよこ1組:黄色と赤い色のフサフサなボンボンを振りながら踊りました。

ひよこ2組:黄色と緑色のボンボンをヒラヒラとさせて踊りました。

午後の部 つばめ組

つばめ組は、幼稚園最後の運動会です。

保護者の皆様は観覧席から開会式前の子どもたちに見守りのエールを送ってくだいました。

 

 

プログラム:組み立て体操

みんなで気持ちと力を合わせた1人技から6人組の大技まで渾身の力で行いました。見事です

プログラム:給水タイム

組み立て体操をやり遂げた満足感いっぱいの子どもたちは、お家の方から水筒をいただき、心と体を潤わせました。

給水後、お家の方に次のマスゲームの準備である鉢巻きを気合いを込めて頭に巻いてくださいました。「それではね!」と、優しく背中を押すように声を掛けて保護者の方々は観覧席へ戻られました。

プログラム:マスゲーム 「 100人ロック ソーラン」

子どもたちは、保護者の皆様の気合いが込められた鉢巻きをして勢いのよい「ソーラー ソーラン!」が掛け声が多摩川広場に響き渡りました。

プログラム ;組別対抗リレー

自分の力を集中させて各人がトラック一周するクラス対抗リレーです。

力強い走りと最後まで諦めない強い心の集中度の高さに保護者の皆様から“感動と感激”の大きな拍手を送っていただきました。

以上は、楽しかった運動会のスナップ写真の一部です。

これからも、「急がず、慌てず、ゆとりの心」で子どもたちを見守っていきましょう。そして、お子さんを褒める場をたくさんつくっていきましょう。

保護者の皆様、新型コロナウイルス感染拡大予防のご協を賜り、心より御礼申し上げます。

≪7月生まれ、8月生まれの友だちのお誕生会≫

待ちに待った7月、8月月生まれのお友だちのお誕生会が行われました。

今年も新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が発令されてしまいました。漸く(9月30日)に7月生まれ、8月月生まれのお友だちのお誕生会が学年毎にホールで開催できました。

「お誕生会」は、ほんとうによいものです。お祝いをされる友だちもお祝いをする友だちもみんなワクワクして集合しました。

誕生月のお友だちのお家の方にも家族代表で1名の方をお招きできました。

「7月、8月は、どんな季節でしたか?」の問い掛けに「七夕」「夏休み」「プール」「アイスクリーム」などの答えが返ってきました。自然を肌身で感じ、日ごろの生活の中でありのままの出来事に心を働かせて過ごしている子どもの姿にほっとしました。

手話でお母さんになったつもりで大きなお腹から可愛い赤ちゃんが生まれる瞬間を表現し合いました。片腕で赤ちゃんを表現して慈しむ姿を表現して笑みがこぼれました。

前列には、先生の手作りバッチを胸に付けた誕生月の友だちが素敵なお顔で座っています。

先生に名前を呼んでもらい誕生月の友だちは舞台にあがりました。

ひよこ組さん:マイクを手に緊張しながら「4さいになりました。」「〇〇です。」と自分の年齢と名前を紹介しました。

記念撮影の一瞬だけマスクを外していただきました。

はと組さんの誕生会が始まります。

「5さいになりました。」「〇〇です。」

おめでとうございます。」と心を込めてお祝いの歌を歌いました。

今年はお家の方と一緒に記念撮影ができるので嬉しいですね。

つばめ組さんの誕生会が始まります。

つばめ1組さん:「6さいになりました。」「〇〇です。」

つばめ2組さん:「6さいになりました。」「〇〇です。」

幼稚園最後のお誕生会です。お家の方からのお祝いの言葉をしっかり聞いていました。

「おめでとうどざいます。」「ありがとうございます」と、たくさんの拍手を送りました。

今日まで大切に育てていただきました。感謝の気持ちを大切に、これからも元気で過ごしましょう。

暑さ寒さも彼岸までと言われますが、今年の9月は残暑がなく、はっきりしない気象続きでした。

9月24日は30度超えの暑さでした。園庭に注ぐ陽射しは夏を思わせる暑さでした。光が降り注ぐ明るい園庭であそぶ子どもたちも晴れ晴れとした様子です。

子どもたちは自然の変化に敏感に反応し、その状況に応じた“あそび”を楽しもうとする選択能力と行動力を発揮しながら元気いっぱい過ごしました。

子どもたちは木陰の植え込みの根元に身を寄せ合いダンゴムシ探しが始まりました。

「ダンゴムシのお家をつくろうか?」と共同的なあそびを楽しんでいます。

「これでいいかな?」

「ダンゴムシをつれてこよう!」

「砂があついよ。」

つばめ組(年長児)さん:前回りのコツを身に付けながらこつこつと練習をしています。

「もうちょっとだよ!」と助け合って前回りの練習です。

ひよこ組(年少児)さん:滑り台が大好きです。

「いらっしゃいませ~」

「はい、どうぞ!」

「もぐもぐ」おいしそうですね。

運動会『げんきいっぱいがんばろう』:10月9日まで10日間です。

全学年の共同制作<入場門&退場門>:運動会の入場門&退場門の大型板≪ちぎり絵≫8枚を制作中です。色画用紙を指先でちぎった一辺ずつをモザイク画のように貼り合わせていきます。

自分の身体より大きな図柄を視界に入れて手を休めることなく着々と作業に取り組んでいます。1枚ごとの完成にみんなで達成感を感じています。

9月20日は、「敬老の日」です。

今年も大好きな祖父母の皆様を幼稚園にお招きすることができません。

そこで、日頃の感謝の気持ちを込めて子どもたちはプレゼントを一生懸命に作りました。おじいちゃん、おばあちゃんとの触れ合いを思い浮かべながら夢中に作りました。

ひよこ組(年少児)さん :ピンク色のメッセージカードに「いつもありがとうございます。」

カードを開くとヒラリと黄色のお花が咲きます。

お花の中には、おじいちゃん、おばあちゃんのお顔や好きな模様をクレパスで力いっぱい描きました。

はと組(年中児)さん : 紙粘土で小物入れを作りました。

「おじいちゃん、おばあちゃん、また手をつないでね。」と「こんなに大きくなりました。」と手形を押しました。

完成させたプレゼントにハートのメッセージカードに「いつもありがとうございます。」を添えました。

大切なプレゼントをラッピング袋に苦心しながらみんなが上手に入れられました。

つばめ組(年長児)さん : ビーズのブレスレットを作りました。

水色、桃色、白色のビーズを好きな順番に組み合わせています。

一玉ずつビーズの小さな穴にゴム紐を通して自分好みのブレスレットを仕上げています。

一玉ずつのビーズの穴に細いゴム紐を通すことに子どもたちは神経を集中させて根気強く作りました。

おしゃれなブレスレットを一人二個ずつ作ります。

最後に「いつもありがとうございます。」とメッセージカードに書き終えてからラッピング袋に入れました。

みんな嬉しそう。完成させたブレスレットに満足している様子が見られました。

【運動会(10月9日)開催に向けて】

≪年長児の組み立て体操≫

9月14日:はじめて、園庭で≪組み立て体操≫の練習を行いました。

一つひとつの技を先生の音頭で積み重ねてきたことを気合いを入れて行いました。

一人ひとりの気持ちを一つにして大技を展開していきます。

全学年児が運動会に向けての練習で、日々気持ちの高まりが見られます。

9月6日(火)2学期の始業日です。始業式は、園全体集会を取り止め保育室で園内放送を通じて園長の話を聞きました。「2学期も『早寝、早起き、朝ごはん』で学年やクラスのみんなで力を合わせて元気いっぱい過ごしましょう。」に、園全員の気持ちが一つになりました。

ひよこ組(年少児)さん:「とんとんまぁえ!」前の人の後ろに並んで一列になりましょう。

はじめての運動会の“かけっこ”の練習です。

「いちについて、よ~いドン」

「がんばれ、がんばれ!」

共同作業:入場門&退場門作り「今日は、はと組(年中児)さんからはじめましょう。」

折り紙を指先でちぎり糊で貼り合わせています。

9月6日:≪なわとび教室≫もはじまりました。

夏休み明けの初めての練習日です。先生の話に集中して、夏休みから気持ちを切り替えている様子が見られます。

はと組(年中児)さん

つばめ組(年長児)さん:運動会に向けてマスゲームのソーラン節の練習がはじまりました。

≪種から花や実となる自然の力に触れる植物栽培≫

朝顔栽培:6月に「からアサガオのを咲かせましょう。」と、ひよこ組(年少児)、はと組(年中児)が一人一粒の種を植えました。

CIMG6255

CIMG6259

長い夏休みから久々に登園した子どもたちは、「アサガオがたくさん咲いているよ」と、“朝顔”の開花に嬉しそうです。「きれいな花だね。」と、にこにこ笑顔で見ています。

次から次に蕾をつけて花を咲かせています。季節の移り変わるまで頑張る“アサガオ”です。葉が変色し枯れ葉となり種の収穫まで水やりを続けて、みんなで観察します。

子どもたちの居ない夏休みもトマト、茄子、胡瓜、ピーマン、いんげんが最近まで、実をつけ頑張っていました。

ミニトマト:枝が枝を支え合って実をつけています。自然の力の凄さを感じます。

ピーマン:緑色から赤に変色しました。保育者が収穫したピーマンを子どもたちに見せることができました。

インゲン大豆:変色したカラカラの莢の中身は健在です。

つばめ組(年長児)は、“ひまわり”栽培と“お米づくり”です。

6月に赤土と黒土の感触の違いを感じながら土づくりから始めた“ひまわり”栽培と“お米づくり”です。

夏休み中は家で“ひまわり”の生長を観察しました。

「花が咲いたよ。」「水やりもしたのに花は咲かなかったよ!」「どうしてなのかな?」とそれぞれの気づきや発見を友だちと語り合っていました。花は咲かずも体験の尊さこそがここにあるのでしょう。

“お米づくり”

今年こそは、と意気込んだ“お米づくり”の取り組みでした。お米作りの難しさを実感させられました。

気象異常の降雨に耐えられず待てど暮らせど芽を出すことができません。その中でも何本かの稲が育っています。

救いです。みんなで大切に、この稲の生長を見守り育てていきたいと思います。

7月21日:晴天に恵まれました。

サマーフェステバル“夏の踊りの会” を行うことができました。お気に入りの浴衣に甚平、法被を着た子どもたちは、みんな笑顔、みんな嬉しそうです。

園庭の真ん中に組んだ矢倉の支柱に飾られた桃や黄色、黄緑色の可愛い ちょうちん は、つばめ組(年長児)さんが一生懸命に作ってくれました。パッと明るく元気が出る矢倉にみんなの気持ちがワクワクなりました。

「子どもたちは十分な給水をしてから学年毎にサマーフェステバル“夏の踊りの会”を始めます。その前に素敵な矢倉を背景にクラス集合写真の撮影会です。「ハイポーズ」

ひよこ1組さん

ひよこ2組さん

はと1組さん

はと2組さん

つばめ1組さん

つばめ2組さん

ひよこ組(年少児)さん:初めてのサマーフェステバルです。

ひよこ1組さんと、ひよこ2組さんが大きな輪になって ♪ドラえもん音頭・イルカ音頭・サンサン音頭♪ を踊りました。可愛いひよこ組さんです。並び順を覚えて一列で踊れるようになりました。

♪はあー、ドラミドラミのドラえもんおんど♪

イルカ音頭:「♪すい すい すいっ~♪」 「♪すい すい すいっ~♪」とイルカさんになりました。

サンサン音頭:♪サンサン サン サン たいようさん!♪

はと組(年中児)さん:入場行進曲が流れると、「もう、はじまるんだね!」「うんどうかいみたいだね!」の声が聞こえてきました。はと1組さんと、はと2組さんが大きな輪で一緒に踊りを楽しみました。

「ドラえもん音頭はたのしいね!」

大きな波、小さな波、静かな波を表現したりイルカさんになったり、曲に合わせてみんなが楽しんでいます。

サンサン音頭:サンサン サン サン たいようさん! それ! サン サンサンサン  たいようさん!♪」

最後のサマーフェステバルのグループは、つばめ組さんです。

つばめ1組さんと、つばめ2組さんが円陣を組み気持ちを一つにして♪ドラえもん音頭・イルカ音頭・サンサン音頭♪を 踊りました。

子どもたちは、自分が作った ちょうちん矢倉を囲んで一曲一曲に感情を込めて踊っています。

ドラえもん音頭:♪やっちゃれ やっちゃれ やっちゃれや♪のリズミカルで調子のよい曲想に体も心も弾ませていました。

曲に合わせた手拍子音が園庭に響きました。

イルカ音頭:♪なみ なみ なみ~を のりこえて♪

手つなぎなしでも子どもたちの気持ちは一つにつながっています。

サンサン音頭:♪サンサンたいようさん あなたのおかげで  わたしもハッピー ♪

今日を楽しみに練習してきた子どもたちは、「あ~  たのしかった!」「たのしかっね。」とにっこり。和やかに過ごしました。

保護者の皆様には、朝のお忙しい時間に浴衣や甚平などの身支度をしていただき、誠にありがとうございました。夏の思い出ができました。心から御礼申し上げます。

7月20日のサマーフェスティバルを楽しみに「イルカ音頭」「ドラえもん音頭」「サンサン音頭」の夏の踊りをクーラーの程よく効いた涼しい室内で練習しています。

ひよこ組(年少児)さんは、初めてのサマーフェスティバルです。先生の動きを真似て踊りを楽しんでいます。

最後のポーズも決まりました。

はと組(年中児)さんは、昨年のサマーフェスティバルを思い出して曲のリズムにのって踊りを楽しんでいます。

つばめ組(年長児)さんは、サマーフェスティバルに設置する矢倉に飾る大切なちょうちんを色画用紙で沢山作りました。幼稚園最後のサマーフェスティバルに気合いが感じられます。

ステープラーの正しい扱い方に注意を払い造形に取り入れています。

もうすぐ夏休みです。楽しい夏休みの思い出を残す〘夏休みのしおり〙の表紙を学年別テーマで造形しました。

ひよこ組さん:甘~いスイカを作りました。

はと組さん;種まきをしたあさがおの花が早く咲きますようにと思いを込めてあさがおの花を作りました。

キッチンペーパーの素材を活かして紫蘇の葉の搾り汁で絞り染めをしました。

いいにおいだね!

あさがおの花になったね。

つばめ組さん:紙コップにハサミで切り込みを入をれて指先で細かくちぎった折り紙を一枚一枚糊で貼り合わせてオリジナル花火が出来上がりました。とても綺麗です。

長い夏休みです。水遊びや泥遊びをしたり絵本を読んだりする、ステキな時間もたくさん待っています。怪我や交通事故に気を付けて過ごしましょう。

七夕(7月7日)にちなんで七夕飾りを楽しみました。

全学年園児が学年毎に作った七夕飾りを大きな竹(6本)に飾りました。

ひよこ組(3歳児)さん:自分で作った四角つなぎの折り紙の笹飾りを大きな竹笹にくくりつけました。笹飾りの先端に付けてあるタコ糸をつまんで、みんなが一生懸命に行いました。

はと組(4歳児)さん:好きな色の画用紙を選んでハサミで切り抜いてカラフルにつなぎ合わせたり、折り紙の蛇腹折で扇形にしたものを3枚で飾り円盤にしたり、折り紙ちょうちんを作りました。

ひよこ組さんの七夕飾り:織姫様と彦星様も作りました。短冊には願い事を先生に書いてもらいました。

はと組さんの七夕飾りです。願い事が叶いますように。

つばめ組さんの七夕飾りです。折り紙でパクパク6個を組み合わせた「くす玉」作りの達成感を喜び合いました。短冊には自分のことや家族の願い事が書かれていました。

七夕まつり:手作りの七夕飾りを大事に持って記念写真撮影の順番を待ちました。

みんなの願い事が叶いますように。

〔6月のお誕生会〕

6月30日、6月生まれのお友だちのお誕生会を開催いたしました。

お誕生児の保護者の皆様をお招きして、学年毎のお友だちがホールに集まってお祝いをしました。お友だちのみんなが喜び合い、みんなでお祝いすることが出来ました。

6月は雨の日が続き晴れ間が少ない時は、お家の方は、赤ちゃんの下着や洋服を一番に乾かしてくれるお家の方の温かな愛情で育てていただいた話に子どもたちは聞き入る様子でした。

「おめでとうどざいます。」「ありがとうございます」と、たくさんの拍手を送りました。

友だちは壇上にあがりマイクを手に緊張しながら「4さいになりました。」「〇〇です。」と自分の年齢と名前を紹介しました。

「4さいになりました。」「〇〇です。」

記念撮影の一瞬だけマスクを外していただきました。

「おめでとうございます。」と心を込めてお祝いの歌を歌いました。

「5さいになりました。」「〇〇です。」

「5さいになりました。」「〇〇です。」

最後に保護者の皆様から一言ずつのお言葉をいただき、幸せな時間でした。

「6さいになりました。」「〇〇です。」

「6さいになりました。」「〇〇です。」

幼稚園最後のお誕生会です。お家の方からのお祝いの言葉をしっかり聞いていました。

可愛い赤ちゃんを真ん中に家族みんなで力を合わせて今日まで大切に育てていただきました。感謝の気持ちを大切に、これからも皆さん元気で過ごしましょうね。

≪誕生会≫:6月は、一年で一番長い雨が降る梅雨です。野菜や植物に大事な梅雨であることを伝えました。

ミニトマト

ピーマン

枝豆

胡瓜の収穫後、最後の1本は、種作りに挑戦しました。

青紫蘇

みんなで考えました。「なぜ『つゆ(梅雨)』というのでしょう。」「つゆ」と「うめ」の関係について伝えました。

6月に収穫した梅を漬ける「梅干し」に使う多量の赤紫蘇の葉を畑から収穫してビニール袋に入れておいたものをその場で盆皿にのせて「梅干し」の話をしました。子どもから梅干しは、「すっぱい!」「あかい」などの声が上がりました。

紫蘇の葉と梅の力(効用)は、①殺菌作用があり食物を腐りにくくすること。②香りがよいこと。昔からお弁当の中に「梅干し」が入れられることを知ると、子どもたちは興味深げな様子でした。

赤紫蘇を揉んだ赤い汁を青梅に付けると「梅干し」ができること、「梅干し」には一滴も水が使われていない事も知りました。実際に瓶に入れた青梅に加えた塩で出た梅酢を保育室で直に見ました。

梅に塩を加えて梅酢を取り除いた梅です。

①揉んだ搾り汁を出した赤紫蘇に梅から出た梅酢を加えます。

②梅酢を加えると、こんなに鮮やかな赤色汁に変わります。

【いろいろな実験の楽しみ!】赤紫蘇を使って、搾ったり梅酢をかけたり、いろいろな実験を楽しみます。

赤紫蘇を各自がビニール袋に入れて揉んで揉んで「赤い汁」を搾り出す体験をします。その“しぼり汁”で色水あそびや和紙染などを楽しみます。

保育参観会:6月14日・15日・21日・22日・23日

コロナ禍ではありますが、保育参観を行うことができました。

保護者の皆様には、新型コロナ感染症予防対策についてのご理解とご協力をいただき、5日間に分散して実施することができました。心より御礼申し上げます。

≪つなげる つながる保育≫全領域活動内容については、年齢別段階別に指導を進めています。

日々の保育活動で子どもたちは、一つ一つが次のステップアップにつながることを学んでいます。運動・音楽・絵画・図形・数あそびなどを真剣に取り組む子どもたちの様子をご覧いただくことができました。

なわとび教室:ひよこ組(3歳児)

縄を両手で握り、前回しの練習に入りました。

体操教室:ひよこ組(3歳児)

跳び箱3段:第一段階は、勢いをつけて両手で身体をしっかり支えて「ピョン!」と乗ってみましょう。

ひよこ組(3歳児):<リズムあそび>友だちと楽しむリズムあそび。

打楽器に興味を抱き音楽を楽しみました。最初に打楽器(カスタネット・鈴・タンブリン)に触れてからカスタネット・鈴でリズム打ちをしました。「手をたたきましょう」「かえるのうた」の曲に合わせて、小さな音や大きな音・低い音や高い音、ゆっくりや、速い音の変化を感じました。

  

  

ひよこ組(3歳児):【❍△□であそぼう】身近にある“もの”の形に興味関心を抱きましょう。❍△□の“もの”を探して、みんなで話し合いました。画用紙に描いてある点線をクレパスでなぞったり、折り紙の○△□を画用紙に描いてある点線の形に当てはめて遊びました。

○△□の折り紙を使って「何ができるかな?」次は、○△□をつなげたり重ねたり、自由な組み合わせを楽しみます。

はと組(4歳児):≪ペープサート制作&紙人形劇ごっこ≫

物語『3びきの子ぶた』を題材にペープサートを作り、紙人形劇ごっこを楽しみました。ペープサートを作る前に物語の面白味や好きな場面について話し合いました。最初に「子ぶた2匹」を点線あそびで展開させ、次は残りの「子ぶた」と「おおかみ」、「家」を点線あそびから色塗りをしました。最後に割り箸を付けて完成させたペープサートを使って、紙人形劇ごっこを楽しみます。

   

    

   

  

   

   

つばめ組(:5歳児):数あそび / カレンダー制作 / 観察画 / 書道教室

≪数あそび≫; 数唱と異なる数の概念を理解するための“数あそび”を楽しみました。

1~10の数と物の概念が一致できるよう“数あそび”に必要な丸(教材)を作りました。数あそびの準備の丸●作りが数あそびをより一層楽しくします。

数あそびに必要な●10個をハサミで切り抜きました。

   

作った10個の ● を使ってあそびました。りんご・イチゴ・さくらんぼ に見立てて「イチゴを3粒食べました。残りは、何粒でしょう。」並べた10個の●から食べた数だけ●を外したり戻したり、自ずから問題を提案して「数あそび」を楽しみました。

   

2022年 6 月の〈カレンダー制作〉=卒園記念制作=卒園後に使用することを目的とし、毎月の季節を感じながら鉛筆と細マジックペンで取り組んでいます。

観察画 ≪ 白 菜 ≫

活動 1日目: ①実物の白菜を五感で観察をしました。(見る、触れる、匂いを嗅ぐ) ②ルーペを使って野菜の色や葉脈を観察する。③見て感じたままを鉛筆で模写してから竹ペン墨汁画を描きました。

   

  

  

活動 2日目:ルーペを使って野菜の色を観察して、自分の感じた色を混色して色塗りをする。

  

  

≪書道教室≫講師の話に集中して、文字のイメージを膨らませ筆に墨を浸してひらがなを書きました。

・文字の形を知り、筆を入れる・止める・向きを変える・はらうことを練習しています。

何事にも第一段階・第二段階:第三段階があります。様々な体験で物事の準備や見通し力を身に付けています。

6月25日 :  5月生まれのお友だちのお誕生会を開催いたしました。

「おめでとうございます。」

お誕生児の保護者の皆様をお招きして、学年毎のお友だちがホールに集まってお祝いをしました。

お誕生児のお友だちは壇上にあがりマイクを手に持ち緊張しながらも自分の年齢と名前を紹介しました。

記念撮影の一瞬だけマスクを外していただきました。

「おめでとうございます。」と心を込めてお祝いの歌を歌いました。

 最後に保護者の皆様から心が温まるお言葉をいただき、胸がいっぱいになりました。

お誕生会は、本当に良いものですね。みんなで幸せな時間を過ごせました。

このページのトップに戻る