水泳はいいことずくめです。

子どもの神経系の発達は、3歳がピークです。この時期に水の浮力を使って自由に体を動かして遊ぶことは脳の空間の認知脳を鍛えることにつながります。

したがって空間の認知脳を鍛えスポーツ万能な子どもが育つだけでなく算数の図形問題が得意になる良い効果があります。水泳はいいことずくめですね。

ひよこ組(3歳児)の ≪水泳教室≫

新型コロナウイルス感染症予防対策により水泳教室は7月から始まりました。

プールサイドで「1.2.3!」と柔軟体操で体を柔らかく筋肉の血行を促してから、、、

コーチの見守りで順番にプールーサイドに座ります。

さぁ、みんなで「腰掛けキック」で足の付け根の筋肉を緩めて自由に上下動させる練習です。クロールのバタ足の基本になります。

次は水中に入り「壁キック(壁バタ足)」の準備です。

プールサイドを自力でしっかりと握って、「壁キック(壁バタ足)」体勢を整えコーチの「キック!キック‼」の手拍子の調子に合わせて「壁キック(壁バタ足)」の練習を重ねています。こちらもクロールのバタ足(全ての泳ぎ)の基本です。

泳ぎの習得は、手、足、呼吸動作などスムーズに連動した全身運動が必要になります。

水の中で歩くこと、コーチに向かって飛び込むこと、、、練習を重ねれば重ねるほど動きの上達の実感が味わえるようになり、どんどん自分に自信が持てるようになります。

つばめ組(5歳児)さん : 幼稚園最後の運動会に期待!

夏の林間保育「『富士五合目』には、行かれなかったけれど≪うんどうかい ≫を みんなで  たのしもうね!」と、ハツラツと運動会を目標に取り組んでいます。

マスゲームは鳴子を使った「よさこいブギウギ」 シャン♪ シャン♪ シャン♪

太鼓の合図を頼りに気持ちを集中させて手つなぎ無し≪組み立て体操≫に取り組んできました。年少中児を支える年長児の気迫が感じられます。

演技終了後の靴下の履き方も素早く、その手際よさにも子どもの成長が見られます。

川崎市の幼稚園

=お詫び=先週はホームページに不具合が生じて投稿することが出来ませんでした。いつもお読みいただきありがとうございます。

その週には、はと組(4歳児)さんの≪お楽しみ会≫が行われました。その時の子どもたちの様子は、カメラマンさんが撮影した写真を楽しみにお待ちください。

つばめ組(5歳児)さんの “ひまわり”栽培を様々な活動へ展開しました。

6月に腐葉土と赤土を素手で混合させて土作りが行われ、“ひまわり”の種を植えました。

毎日せっせと水やりを日課にして「芽がでたよ!」「双葉だ!」「きのうより葉がおおきいよ!」日々の生長変化を観察しました。

茎が真っすぐ伸びた “ひまわり”を支柱の割り箸で支えて、夏休みは自宅で“ひまわり”を観察することを目標に大事に育てました。

そこで「夏休みのしおり」の表紙には、こんな が花が咲いてほしいと、子どもたちは願いを込めて“ひまわり”の造形表現を楽しみました。

花弁には折り紙を細かくちぎって丁寧に貼り合わせて、の部分には指スタンプを思いのままに押しました。

つばめ組さんの“ひまわり”は、どんな花が咲いたのでしょう?

「大きく育ったので大きな鉢に植え替えてあげたら、こんなに大きくなりました・・・」などの情報をいただきました。よかったです!

一方「兄の時は大輪が咲いたのですが、今回はうまくいきませんでした‼」とのお話もいただきました。今年の7月は雨天続きの日照不足などおおいに影響しているのでしょうね。

幼稚園のプランターに植えた一粒の種から咲いた“ひまわり”の花です!

今日は、=ひまわりニュース=です。

≪ひまわり≫ は、平間幼稚園のシンボルの花です。幼稚園から各ご家庭に日頃発信する 『園通信』 の名称は、 『園通信ひまわり』 です。

身近な場所で見つけました! 何と ひまわり通り(私が付けた名前です!)発見です。と、、、昨年の㋇11日に投稿した下記の場所一年ぶりに行ってみました。

CIMG5941

CIMG5940

CIMG5937

するとそこは、こんな感じの風景になっていました。

私は、ふと気が付きました。自分の考えを信じて見えない風景があることに。。。

あの“ひまわり”たちは、奥の畑に育つ野菜を車の排気ガスから守ってくれていた“ひまわり”たちであったのでしょうか?それにしても、あの光景が見られなかったことは何とも複雑な気持ちでした。

それではと、昨年発見した素直に真っすぐ伸びる元気な “ひまわり行列”は、

CIMG5975

今年は、どうなっているのだろうか? 訪ねてみました。やはり、7月の日照量の不足なのでしょうか。同じ場所であっても生育の違いが歴然でした。

そこで、今年もひまわりつながりの“ひまわり”たちを、、、あちら こちらへと回り道をして探してみました。

見つかりました!

一年ぶりに、明るい夏の陽射しを浴びながらひまわり探しができて、感動です!

わずかに秋の気配が感じられるようになりました。

水泳教室にも子どもたちは意欲的に参加しています。

園庭で子どもたちが夢中にあそんでいます。

自ずから行動を変えて意志力・集中力を生み出す “ あそび&活動  ”を楽しんでいます。

子どもが「ああしたい!」「こうしたい!」と、夢中になり冒険しながら思考の枠組みを変えて、脳に新しい回路の能力アップで新たな回路をどんどん増やす子どもたちです。

10月1日の運動会(川崎市とどろきアリーナ)に向けて、体調に留意しながら活動を進めています。

保護者の皆様には、何かとご協力を賜りますがよろしくお願いいたします。

川崎市の幼稚園

㋇31日 : 少人数制(5人~6人)の保育参観が全日終了いたしました。

「きょうまで、まっていたんだ~」「きょうは、おかあさんが ようちえんにきてくれる日だよ!」と、、、ソワソワ嬉しそうな最終日を迎えた子どもたちです。

コロナ禍のなかで幼稚園での子どもの様子や教育方針に基づく活動に触れていただき、新入園児と進級園児の成長をご覧いただくことができました。子どもたちの励みになりました。

保護者の皆様、お忙しい中、誠にありがとうございました。

9月1日 : 待ちに待った「サマーフェスター」“夏の踊りの開催

色とりどりの浴衣や甚平を装った子どもたちは、うきうき登園しました。

天気予報では「曇りのち雨」に・・・心配でした。みんなの気持ちが天に届き今回は予定通り“サマーフェスター”を行うことができました。「バンザーイ!ほんとうに良かった!うれしいです!」と喜び合いました。

「サマーフェスター」は、園全体を3グループの編成で順次会場となる園庭に出て「夏の踊り」を楽しみました。

はじめに、ひよこ1組(3歳児)さん&つばめ2組(5歳児)さんです。続いてひよこ2組(3歳児)さん&つばめ1組(5歳児)さんです。次は、はと組(4歳児)さんが踊りました。

みんなで輪になって手つなぎ無しで「夏のおどり」♩ドラえもん音頭♩と、イルカ音頭♪を賑やかに弾ける笑顔で踊りました。時折爽やかな秋風で たもと ヒラヒラと揺れて華やかでした。

「何とも言えない可愛らしい子どもたちです‼」

保護者の皆様にご覧いただくこができず本当に残念です! カメラマンさんが撮影されたお写真を楽しみになさってください。下記の掲載写真は、通常の幼稚園記録用写真です。

イルカ音頭:♪なみ なみ なみ~を のりこえて♪ なみ なみ なみ~を のりこえて♪ と、イルカさんになって ♪すい すい すいっ~♪  ♪すい すい すいっ~♪ と、袂を揺らしてみんなでイルカになって 泳ぎました!一曲一曲を、子どもたちは踊り終えると、 みんなで拍手をし合い、和やかな雰囲気の中で踊りが終わりました。

踊り終えたグループは二階のホールやぐら舞台でクラブ毎に「はい!ポーズ‼」記念撮影を済ませてから保育室に戻りました。

合間にはそれぞれの遊びを楽しんでいます。いつもとちがった気分で過ごした子どもたちです。

「きょうは、 たのしかったね!」と、みんながにっこりと笑みがこぼれていました。夏の思い出」が一つ増えました。

保護者の皆様方の教育活動の運営に深いご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。

川崎市の幼稚園

令和2年度初めての保育参観(㋇24日~㋇31日)を少人数制で実施しています。

コロナ禍のなかで、昨日は昨日、今日は今日と大人も子どももみんな緊張感を抱く毎日でした。子どもたちは、どんなことがあっても毎日明るく元気で「一日の保育」に没頭しています。どんなに小さなことにも、ちょっとしたことにも一生懸命に自分で考え、新しい工夫を楽しみ、子どもは日々成長します。

保育参観は、㋇31日が最終日になります。よろしくお願いいたします。

保護者の皆様、お忙しい中ご参観いただきまして、ありがとうございました。

【2021年(令和3年)園児募集について】

幼稚園見学(公開保育)は、下記の通り実施いたします。

*幼稚園見学の予約(事前連絡)不要です。

*見学日

9月15日(火)受付開始10時 ~ 最終受付10時45分 ・見学10時20分~11時00分

9月23日(水)受付開始10時 ~ 最終受付10時45分 ・見学10時20分~11時00分

9月28日(月)受付開始10時 ~ 最終受付10時45分 ・見学10時20分~11時00分

10月7日(水)受付開始10時 ~ 最終受付10時45分 ・見学10時20分~11時00分

持ち物

・室内履きと履いてきた靴を入れる袋を持参ください。(幼稚園の下駄箱は使用できません。)・マスク使用(未就園児は不要)

ご来園にあたり以下のこと、ご了承の上、ご協力をお願いいたします。

(1)園庭及び園内では、フィジカルディスタンス(身体的距離)にご注意ください。

(2)ご来園の際、手消毒と体温を計らせていただきます。37度5分以上の発熱が認められた場合は、申し訳ありませんがご入場いただけません。

(3)当日は、係員の誘導に従い見学してください。保育室内には入れません。

(4)駐輪場は、ガス橋入口より多摩川河川敷緑地(幼稚園裏側)一箇所のみです。係員が駐輪所に駐在しております。(指定駐輪箇所以外の園庭及び近隣への駐輪は固くお断りします。)

(5)見学中の録音・録画は固くお断りします。

ホームページ《お知らせ-.園だより》にて日々の子どもたちの 様子を掲載しておりましす。参考にしていただければ幸いです。

入園書類 配布

募集要項(入園案内)、入園願書、入園説明会についての書類等一式

* 10月15日(木) 9:30~12:00
時間内にご来園いただいた皆様にお渡しできます。早朝に並ぶ必要はございません。

・一部 500円

入園説明会

10月21日(水) 幸文化センター (幸区役所前)

*入園生活の概要、入園考査、募集(願書受付日の詳細)について

願書受付・考査日

*11月1日(日)

【2021年度預かり保育ひまわりランドについて】

☆夏休み≪夏期ひまわりランド≫予約受付となります。

☆早朝預かり保育 8;00~9:00

☆基本預かり保育は、どの方も18時00分(園お迎えの場合)まで利用できます。バスご利用者は、17時40分園を出発します。(鹿嶋田・古市場・武蔵小杉)夏休み・冬休みのバス運行はありません。

☆預かり保育の費用・・・250円(1時間)

〇夏休み期間の預かり保育:《夏期ひまわりランド日程》

日程  7月26日~8月28日(30日は全園児登園日です。) 8月13日~19日は、休園です。

=予告=冬休み期間の預かり保育≪冬期ひまわりランド≫も完全予約制です。詳細につきましては、11月上旬にお知らせします。冬期ひまわりランドの日程 12月25日~27日

☆但し、学芸発表会の前日・翌日の預かり保育はありません。

川崎市の幼稚園

園庭で頑張っている  “ 朝顔  ”

8月6日

8月10日

 

8月11日

 

「み~つけた!」ひっそりと葉っぱに隠れるようにを咲かせていました。

 

8月12日

 

8月14日の猛暑の中、子どもたちの “ いこいの場 ” である園庭に思いを込めて植木屋さんが樹木の剪定をしてくださいました。

剪定された木々の枝から透けて見える青空は、とても気持ち良いものです。

二学期(8月17日)が始まりました。

友だちと大好きな先生と逢えて、みんな元気です。みんな笑顔です。みんな大きくなりました。

 

「なつやすは、たのしかったですか?」「たのしかったよ!」「おうちで水あそびもしたよ」と、みんなで、「なつやすみ の え」を思い思いに描きました。

 

「おかいものに行ったところです!」と嬉しそうに先生に描いたストーリーを伝えています。

≪体操教室≫も始まりました。

つばめ組(年長児)さん:友だちの手や体に触れない≪組み立て体操≫に取り組んでいます。気持ちを集中させて一人一人が、《一人組み立て技≫に挑んでいます。

夏休み明けの≪書道教室≫

つばめ組(年長児)さん:手始めに、正しい筆の持ち方・筆を とめる・まげる・まるめる のおさらいをしました。

この異例の夏休みを終えて迎えた二学期です。「今できること」を重点目標に保育を進めて参ります。保護者の皆様のご支援とご協力をお願い申し上げます。

一学期は前代見聞の新型コロナウイルス感染予防対応により5月は臨時休業となりました。

6月1日の幼稚園再開となり、それからは、新入園児、進級園児が、新学期の新しい環境に一人一人が園に慣れ家庭と幼稚園との生活リズムが子どもたちの心と体に少しずつ育まれてきました。

子どもたちが笑顔で大事なく過ごすことができました。

保護者の皆様のご理解とご協力のおかげで無事に一学期を終えることができましたことに、心より感謝申し上げます。

幼稚園(集団生活)で子どもたちは、身につけるべきものを教師から一つ一つ教えられ、子どもたちは、友だちとお互いに教え学びあい、考え工夫しあいお互いに自立することができます。

並ぶことも繰り返して、しだいしだいに短時間で順番に並べるようになるのです。

つばめ組(5歳児)さん : 教えの「ねらい」と「目標」を子どもたちの旗じるしにして、一人組み立て体操に挑戦しています。

はと組(4歳児)さん : 毎週行う「体操教室」では平均台、鉄棒運動の体の動かし方のポイントと安全の心構えを意識して集中度を高めて段階的な練習に励んでいます。

「なわとび教室」:7月はよく雨が降りました。そんな日は、ホールで練習をしました。マスクはずしタイムには、深呼吸!!です。

晴れた日の「なわとび教室」の様子です。

ひよこ組(3歳児)さん : 自由遊び

自由遊びは、自分勝手にあそぶわがままな遊びの時間ではありません。自分が自由に心を開放して楽しむ時間です。あっちに行ったりこっちに来たりしながら自分探しをしています。

「ケーキです~!」「おいしそう!いただきま~す!」「こんな石をみつけたよ!」「よく、みつけられたわね!」「あっちにあるから、おしえてあげるね!」

「お兄さんのようにパカポコに乗れるようになりたいんだ~」と悪戦苦闘しながら一歩一歩前に前に足を運んでいます。「がんばって~」

お水大好きな子どもたちです。「み~つけた・・・」「ここでお水いれようかな!」

 

「おねえさんとおなじようにやってみよう!」と、鉄棒にピョン ピョン ピョン。

せんせい!トンネルをつくってね!」「じゅんばんに、すべりましょう!」

サマーフェスティバルができるといいね!とドラえもん音頭の踊りを楽しみました。

自分で使ったものや友だちが使ったものをみんなで片付けをしてから、お楽しみのお弁当の時間です。
             

短い夏休みですが、ご家族お揃いでお顔を見合わせ穏やかに幸せなお時間をお過ごしください。

皆様、呉々もご健康にご留意ください。

川崎市の幼稚園

つばめ組(5歳児)さん :≪みかん の観察画≫

ほんものみかんだよ!」と、みんな上機嫌です。

一人一つの みかん を手元に置いてルーペを片手に持って「 みかん の 上と下は、どっちかな~?」と掌で上下左右を転がしたり首をかしげ鼻に近づけて匂いを嗅ぎながら真剣に観察をする子どもたちです。 

気が済むまでじっくり観察したところで、脳に記憶した映像と目の前にある 実物を見ながら新しい回路を作り脳力アップにつながる表現を無心で楽しみ、第一段階の鉛筆模写に取り組みました。

第2段階は、割り箸ペンに墨汁を浸して鉛筆画をなぞりました。(墨入れ作業)

第3段階では、再び実物の みかん を手元に置いて、鉛筆デッサンに墨汁で線を描いた絵に水彩で色塗りを行いました。

水分量や下絵の墨汁の強弱の線入れにより色々な発色が楽しめます。子どもたちの筆を持つ手は次から次へと新たな思考パターンを作っているように見られます。

みんな無言で集中して描いています。

本園では、「描く」&「書く」という作業も意志力のトレーニング!!と捉え、短い時間の小さなゴールをたくさん設定しています。

今まで使っていなかった無数の脳の活性化に有効な「描く」&「書く」作業を年齢別に取り入れています。

≪書道教室≫

はと組(4歳児)さん  : 水泳教室の休講中に〈書道教室〉の体験をしました。「しょどうきょうしつって、どんなことをするのかな?」「ぼく、しっているよ!」「かくんだよ!」と、みんな興味津々です。

はじめに、書道の道具の筆、硯、下敷き、墨、半紙の名前を教えてもらいました。

いよいよ筆の持ち方を習い、筆おろしをしてある筆に墨汁をつけて先生の話に集中して波線「~」と、らせん「ぐるぐるまき線」を自由に書きました。

すると「せんせい!これは、どんな意味があって書くのですか?」の質問に「これは、書道に大事な筆の動かし方の練習なのです!」に「わかりました!」一筆の線書きを意識して集中することができた貴重な体験教室になりました。「書道教室は、こんど いつ できるのかな~」

つばめ組(5歳児)さん : ≪書道教室≫

講師の先生の手本の半紙に書かれた文字を指で「とめる・はねる・はらう」など一文字一文字を丁寧になぞりました。手本の字を筆で丁寧になぞってから、一文字一文字の成り立ちの形象を脳の思考の枠組みに入れています。

さぁ、筆に墨をつけて気持ちを集中させて書きはじめます。

「はねる・はらう」が上手に書けるようになりました。

次回は、2学期ですね。

川崎市の幼稚園

本園では紙粘土・新聞紙粘土・小麦粉粘土など多様な素材の粘土を五感で触れて、子どもの感性を磨いています。

自由あそび時間 の「粘土あそび」: 継続的な遊びの展開を楽しみ創造力を豊かに、物事への集中力が育まれています。

「今日は、●●を作ろう!作りたい!」と、イメージを膨らませて粘土を丸めたり伸ばしたり重ねたりアイディアを浮かべながら自己表現を楽しんでいます。

子どもたちは砕いた粘土の一片一片に気持ちを込めて両手掌の中で丸粒状に仕上げています。子どもたちは一片の粘土も無駄にしていません。子どもの魂が宿っていると言っても過言ではありません。

自由あそびの時間が終わると「つづきは、次の時間にしよう!」と、、、次の自由あそびの時間を楽しみにキャビネットで保管をします。

「お母さんのおへやを つくっているのよね!」と、お隣同士で課題を決めて作り合っています。粘土あそびを通して、チーム力も磨かれています!いつでも、友だちと一緒が嬉しい子どもたちです。

自分で気づいたこと、考えたこと、感じたことを心と体にインプットさせて次の“あそび”でアウトプットをすることを繰り返して、こだわりのある自己表現力を高めています。

子どもたちの  ありのまま表現 を笑顔で受け入れていきましょう。

=環境教育・自然と仲よくなろう!=

“優しさ・待つ心”を育む植物栽培で、自然の力の凄さを五感で感じます!!

☆ひよこ組(3歳児)さん&はと組(4歳児)さんは、一粒の種から朝顔の花を咲かせる体験活動に取り組みました。先生から一粒ずつ種を掌にのせてもらいました。「人差し指でチョンと穴をあけたら種をまこうね!」に「ここでいいの?」と先生に真似て穴をあけて種をチョンと蒔きました。

各組毎に寄せ植えをしました。

「きのうも雨!きょうも雨‼」よく雨が降りました。そのお蔭もあり芽を出してくれました。

はと組さんは、「ことしは、何色の花が咲くのかな?」「花はいくつ咲くのかな?」「つるものびてくるんだよね?」と、昨年育てた朝顔の生長過程の観察を記憶している子どもたちです。

“小さな体験” をたくさん積み重ねる保育は、子どもの成長に意味があります。そこから、さらに進化させていく活動です。その時々に相応しい活動を大事に取り組んでいます。

☆つばめ組(5歳児 )さんは、一粒の種から “ひまわり” の生長を観察する栽培活動に取り組みます。

まずは、土作りからはじめます。

ひまわり栽培を通して土作りが、育てる大事な仕事であることを伝えて実際に体験しています。

園庭で土作りを行う前に作業の取り組みの流れや手順について先生からの説明を真剣に聞いています。手にはお家の方に作って頂いたひまわり栽培で使うペットボトルに水はけの穴をあけて頂いた容器を握りしめています。土作りをした栄養分いっぱいの土を入れることを知り、子どもたちはワクワクしています。

《土作り》「やわらかいお布団をつくってあげようね!」

昨年度使用した古い土をふるい用の笊にかけて柔らかな土を作ります。昨年までは、友だちと円形になって土をふるったり腐葉土を混ぜ合わせましたが、今年は、新型コロナウイルス感染症拡大予防のために、友だちとの間隔を前後左右にあけて作業を行いました。

「つぎは、ぼくのばん!」と、前の友だちの 土作りの方法を注意深く観察しています。みんながそれぞれの工夫をしています。

ペットボトルを脇に置いてから土を両手ですくって匂い感触を感じながら解して古い根を取り除きました。最後は笊でふるったサラサラ? ザラザラ? ねとねと?土と腐葉土を混ぜ合わせてペットボトルに入れて “ひまわり種(一粒)を植えました。

子どもたちは、自分の手で ひまわり栽培 のコツとなる栄養分たっぷりの排水性・保水性・通気性のある「柔らかいお布団作り」ができました。全身で様々な手応えを感じながら活動に没頭することができました。

お家の方に作って頂いたペットボトル容器に入れた「柔らかいお布団」の中で“ひまわり種が目を覚まして“すくすくとみんな育っています。ひよこ組さんもつばめ組さんもみんなで観察をしています。

このページのトップに戻る